2018.06.05更新

水虫(足白鮮)の検査は、白癬菌が寄生している部位(足の皮膚の角層や爪)をメスやハサミで採り、顕微鏡で観察します。

また苛性カリ(KOH)を採取した角層や爪にたらして顕微鏡で観察すると、角層や爪などが溶けて白癬菌が見えやすくなります。

この検査法をKOH直接鏡検と言います。この検査によって白癬菌が見つかれば、水虫(足白鮮)で、見つからなければ水虫ではありません。

この検査は比較的簡単にでき、結果も当日の診察中にすぐわかりますので、気になる方は一度皮膚科にご来院ください。

flower2皮膚科専門医の女医が多数在籍しております。菊川内科皮膚科クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png