ABC検診(胃がんリスク検査)

ABC検診で、胃の健康度をチェックしませんか?
2つの血液検査の結果から、胃がんのリスクを分類します。

※他の市区町村でABC検査を受診された方も、
当院で苦痛の少ない内視鏡検査(精密検査・2次検査)も受けていただけます。

 

ABC検診について

ABC検診は、ヘリコバクターピロリIgG抗体検査でピロリ菌感染の有無およびペプシノゲン検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その二つの結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群の分類します。胃の萎縮粘膜はがんの発生母地になります。

検査結果による分類

胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類します。

A群 健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられます。
B群 消化性潰瘍などに留意する必要があります。
C群 胃がんの高危険群と考えられます。萎縮が進行中です。
D群 胃がんの、より高危険群と考えられます。萎縮が進行し、ピロリ菌も住めない状態です。

ヘリコバクターピロリIgG抗体検査

胃にピロリ菌が感染していないか調べる検査です。
ピロリ菌は胃粘膜にダメージを与え、胃がんや胃潰瘍など、さまざまな病気の引き金になると考えられています。

 

ペプシノゲン検査

胃粘膜に慢性の炎症を起こすピロリ菌の検査です。慢性炎症が続くと萎縮粘膜となります。

精密検査(2次検査について)

他の市区町村でABC検査を受診された方も、当院で苦痛の少ない内視鏡検査(精密検査・2次検査)も受けていただけます。

ABC検診費用

ABC検診費用 4,000円(税抜き) ※保険適用外です。
菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png