2017.08.04更新

脂肪肝は30代以後の中年男性に多く、女性は40代以後より増加傾向の様です。

年齢とともに、代謝が落ち、過食や運動不足が増えてくるからです。

日ごろから、適度な運動、腹八分目を心がけ、脂っこいものや、アルコールの多飲は控えましょう。

flower千代田区淡路町より都営新宿線1本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.08.03更新

食事・運動療法が大切になります。

原因の多くはカロリーオーバーですから、まずは適正なカロリー、バランスのとれた食事を心がけましょう。

アルコール性脂肪肝は、まず禁酒と適正な食事、運動で1ケ月ほどで肝機能は戻せます。

肥満なら減量と、運動で過剰な栄養を代謝して、コントロールしていきます。

それでも肝機能障害が続く場合や、過度な肥満がある場合は薬物治療の適応になりますので、医師にご相談ください。

flower千葉県本八幡より都営新宿線1本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.08.02更新

脂肪肝の検査は、まず血液検査で肝機能の異常があれば、腹部超音波検査やCT検査などで診断ができます。

特に自覚症状がないので、定期的に健康診断をお勧めします。当院で腹部超音波検査を行う場合は予約制となっています。当日は食事を抜いてお越しください。

flower都営新宿線篠崎駅より電車で1本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.08.01更新

脂肪肝の自覚症状は特になく、わかりやすいところ、肥満になったくらいに感じる程度です、痩せている人でもアルコールの過剰な摂取により脂肪肝になります。

最近体重が増えてきた人は1度検査を受けてみましょう。

flower都営新宿線瑞江駅より電車で1本の菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.07.31更新

脂質、糖質の摂り過ぎ(食べ過ぎ)、代謝不足(運動不足)、アルコール大量摂取などによって、肝臓に脂肪が蓄積した状態です。アルコール性と、非アルコール性に分けられます。

 

血液検査での肝機能の上昇や、超音波エコー検査、CT検査にて診断がつきます。

近年では、脂肪肝から肝硬変に至るケースも報告されており、脂肪肝もしっかり治療をしていく必要があると言われています。 

flower東京スカイツリーからも近い菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.07.30更新

アルコール性肝炎の治療は、まずは完全に禁酒して肝臓に優しい食事療法で肝臓をいたわることが肝心です。

それでも改善が見込めない場合は、肝臓を保護する薬、注射剤がありますので、医師と相談しながら治療方針を決めていきましょう。

flower2千代田区九段下より都営新宿線1本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.06.22更新

肝臓は沈黙の臓器とも言われており、基本的には無症状です。肝硬変に近い状態になると、食欲不振、倦怠感、黄疸、腹水貯留、全身のむくみが出てきます。無症状でも血液検査を行うとγGTPなど肝機能の数値の上昇が認められます。はじめのうちは禁酒をすると数値は改善しますが、肝硬変に進展してしまうと、禁酒しても戻らない状態になってしまいます。

flower2千代田区神保町より都営新宿線1本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.06.21更新

アルコール性肝炎で一番怖い合併症は肝臓の炎症が進行し、繊維化し、肝硬変となってしまうことです。B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎を合併している場合には速くに肝硬変に進展し、肝細胞癌を合併しやすいので特に注意が必要です。

また、多量のアルコール摂取により、痛風や、手先・足先の神経障害をと合併する場合もあります。

flower2墨田区錦糸町にも近い菊川内科皮膚科クリニックです

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.06.11更新

お酒の過剰摂取が原因で肝臓に炎症を起こしている状態です。

慢性的な炎症があると肝臓は肥大し、細胞の線維化を起こし、肝臓が固くなってしまう状態「肝硬変」となってしまいます。

1日3合以上のお酒を飲むと、確実に肝臓の炎症が進行し、肝硬変になってしまうと言われています。また男性より、女性の方が同じ量のアルコールを摂取をしても肝硬変になりやすいと言われています。

flower江戸川区一之江より都営新宿線にて6駅でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです


 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.06.10更新

胆石が発見されても絶対に手術が必要というわけではありません。薬での溶解治療や体外砕石といった方法もあります。

また痛みの症状が出ていなければ手術を行わないケースが多いです。

将来予想される症状を考えて、医師とよく相談して治療方針を決めましょう。

flower江東区の内科、皮膚科診療なら菊川内科皮膚科クリニックにお任せください

投稿者: 医療法人社団俊爽会

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png