2017.05.31更新

体の外側より衝撃波を当て結石を砕いて、排尿時と一緒に排石する方法です(体外衝撃波結石破砕術ESWL)。

当院では施行できず、泌尿器科専門病院での治療となります。

flower都営新宿線、江東区、西大島駅より一本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.30更新

結石を溶解する内服治療がありますが、溶かすのに時間がかかったり、結石の大きさや成分によっては効果が無いものや、低い事があり、全ての結石が薬で治療できるわけではありません。Drに相談して治療を進めていく必要があります。

burn都営新宿線、江戸川区船堀駅より一本でアクセスできる菊川内科皮膚科クリニックです。burn

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.29更新

水分をたくさん摂って、尿をたくさん出し、尿と一緒に排石を促しましょう。

排尿時に自然排石する為、結石の大きさは、5mm以下が一般的のようです。あまり大きい結石は自然排石されない場合が多いです。

flower都営新宿線、江東区東大島駅より電車で一本、菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.28更新

尿管に結石が詰まり、尿がスムーズに流れなくなる為に排尿後の残尿感があったり、尿意を感じトイレへ行っても中々排尿出来ない、結石が尿管や膀胱の壁を傷つけると、血尿が出ることもあります。

また長時間結石が詰まり、尿がうっ滞すると、ばい菌感染を起こしたり、腎臓の機能障害を起こす場合もあります。

flower東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線 清澄白河駅B2出口より徒歩10分 菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.27更新

尿管結石は、突然の下腹部、腰部の激痛が始まり、動けなくなってしまい、救急車を呼んでしまうことも少なくありません。吐気や嘔吐を伴う場合もあります。結石が、腎臓にある時はほとんど痛みはありませんが、結石が腎臓から尿管に落ちると、結石が尿管に詰まったり、また尿管内を通過する際に尿管が痙攣して、神経を刺激して痛みになると考えられています。

flower都営新宿、大江戸線、江東区、アクセス抜群の森下駅A6出口より徒歩8紛 菊川内科皮膚科クリニックですflower

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.26更新

結石の原因で多いのが、肉類を多く摂取する事です。お肉を沢山摂取すると尿酸の原因となるシュウ酸や尿酸が体内に増え、それらが尿中に排泄される際に結石ができやすくなってしまいます。今迄は、中年男性に多くみうけられましたが、最近は若年化が進み、女性にも増加傾向にあります。原因には食生活で、特に肉類の動物性タンパク質の摂取量の増加が考えられています。

またビタミンCは体内でシュウ酸を産生する働きがあるため、通常の食事では問題とならないことが多いですが、サプリメントなどの過剰摂取などは控えるようにしましょう。

flower台東区秋葉原駅から都営新宿線岩本町駅へ乗換え、直通の菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.25更新

尿管結石症は、腎臓から尿の通り道である尿管、膀胱、尿道にシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムといった石灰化した結石が詰まってしまう病気です。結石の約8割はシュウ酸カルシウム、リン酸カルシウムなどのカルシウム結石です。その他に、リン酸マグネシウムアンモニウム結石や尿酸結石などがあります。

snow住吉駅A1出口から徒歩13分 菊川内科皮膚科クリニックsnow

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.24更新

感染性腸炎は自然治癒が多いため、薬物治療は主に対症療法になります。

症状が重篤な場合や、乳幼児、高齢者等、免疫力が低下している方には抗生剤を使う場合もあります。 

感染性腸炎の場合、強力な下痢止め薬は基本的には使いません。下痢はばい菌やウイルスを外に出す働きもあるからです。

あまりにひどい下痢が続くと脱水がひどくなってしまう場合があり、その時だけ弱めの下痢止めを使う場合があります。

flower江東区清澄白河駅B2出口より徒歩10分。菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.23更新


感染性腸炎の食事に関しては、吐気や腹痛が強い場合は無理には取らず、水分の試をしっかり取りましょう。

食事が摂れそうであれば、おかゆやうどんなど消化の良いものをよく噛んで食べましょう。

刺激性のある食べ物や、香辛料、油物、辛い物、アルコールはひかえましょう。

dragon江東区森下駅A6出口より徒歩8分。菊川内科皮膚科クリニックですdragon

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.05.22更新

感染性腸炎は、下痢、嘔吐、発熱のため脱水状態となりやすいです。まず1番大事なのは脱水にならないように水分補給をすることです。普通のお水よりはスポーツドリンクの方が体内への水の吸収がよく、さらにはOS-1というより体内吸収を改良した飲み物(所ジョージさんがCMしてます)もありますので、これらを一気飲みせずにこまめに取りましょう。

水分の摂る量の目安は尿が、通常の黄色い透明の尿が出るまでです。尿量が少なかったり、濃い黄色いおしっこが出る場合はまだまだ水分を取る必要があります。

口から水分をとっても吐いてしまったり、下痢として出てしまいぐったりするようでは、点滴治療が必要になります。

flower江東区住吉駅より一駅、菊川内科皮膚科クリニックですflower

投稿者: 医療法人社団俊爽会

前へ
菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png