2018.09.07更新

蚊やブユなどに対する予防対策としては、山や公園などの外に行く際に、肌を露出しないようにしましょう。

携帯用蚊取りや、防虫スプレ-などの忌避剤を用いるのもある程度の防御方法として有効です。

虫除け剤には、小児に対する使用上の注意があるので、確認して使用しましょう

顔への使用は禁止されているものや、生後6ヶ月未満の乳児への使用の禁止、年齢によって一日の使用回数が決まっているもの等があります。
また、有毒の毛虫等に触れないように注意しましょう。

flower2皮膚科女性専門医による診療・日帰り皮膚手術。菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.09.04更新

虫刺されの予防は、原因となっている虫の種類によって違います。

室内の蚊やノミ、イエダニなどの駆除には燻煙殺虫剤が有効です。しかし気密性の低い家屋ではあまり効果がでませんので注意しましょう。

イエダニの場合は、その宿主であるネズミの駆除が必要となります。

 flower2土曜・日曜、毎日診療しています。墨田区菊川の菊川内科皮膚科クリニックです

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.08.30更新

 虫さされの治療は、軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でも大丈夫です。

しかし赤みやかゆみが強い場合はステロイド外用薬が必要です。

症状が強い場合は内服薬が必要になります。

ですから、症状が強かったり市販の薬が効かない場合は皮膚科専門医の受診をおすすめします。

ただ、これらの治療はあくまで現在の皮膚症状を抑えるのが目的ですので、原因となる虫からの回避、または駆除対策を実施しなければ再び虫さされの症状がでる可能性があります。

flower2墨田区・江東区の皮膚症状はお任せください。菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.08.27更新

 日本に生息している虫には、ヒトの生命を脅かすほどの猛毒を持つ虫はほとんどいません。

しかし、刺された後に強いアレルギー反応が起こって、全身にじんま疹症状や、気分不良、腹痛、意識消失などが起こることがあります。

中にはハチに刺されて30分以内にショック症状をきたす特異体質の人がいます。ハチには特に注意しましょう。
 最近ではペットとして海外から様々な生き物(サソリなど!)が輸入されています。これらの生き物によって被害が生じる可能性もあります。

また、近年ではセアカゴケグモなどの毒グモが定着している地域もあります。

咬まれると筋肉痛や吐き気、頭痛などの全身症状をきたすことがある、とされていますので注意しましょう。

flower2都営新宿線船堀駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.08.13更新

夏休みで山などに行かれる方も多いでしょう。夏になると多くなるのが虫刺されです。

皮膚炎を引き起こす原因となる主な虫として、昆虫類では蚊、ノミ、ブユ、ハチ、トコジラミ、アブ、ケムシなどがあります。

昆虫以外の節足動物としてはダニ、クモ、ムカデなどが挙げられます。

また虫さされといっても、「刺す」だけではなく「吸血」したり「咬む」虫もいます。

「吸血する虫」としては蚊、ブユ、アブ、ノミ、トコジラミ、「刺す虫」としてはハチ、「咬む虫」としてはクモ、ムカデが代表的です。

「触れることで皮膚炎をおこす虫」としては有毒のケムシが挙げられます。

flower2江東区エリアからもすぐの菊川内科皮膚科クリニックです

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png