2017.12.21更新

乾癬は慢性的な病気です。
経過中もし普段と違う発疹や症状が出た場合は、すぐに皮膚科をご受診下さい。

 

flower2都営新宿線岩本町駅より1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.20更新

ストレスは乾癬の症状を悪化させる原因の一つです。
日常でもなるべくストレスなく過ごすことが理想です。
もし治療法に不満や疑問点があれば、それ自体がストレスとなりますので、医師とよく治療法を相談してください。

flower2都営新宿線住吉駅より一駅の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.19更新

乾癬の症状は擦れる場所に出やすいという特徴があります。
そのため、例えば入浴時や入浴後に硬いタオルでごしごし擦ることは控えましょう。
スキニージーンズや細いズボンなど、締め付けてしまうものも良くないといわれています。

flower2都営新宿線本八幡駅より1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.08更新

日光浴をしましょう。紫外線は乾癬に対して良い効果があります。
乾癬の発疹は顔に出にくいのですが、それは紫外線がよくあたるからだと考えられています。
ただし過度に紫外線を浴びると悪化する方もいますので、適度に行いましょう。

flower2都営新宿線船堀駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.07更新

カロリーの摂り過ぎは乾癬を悪化させます。規則正しい食生活を送りましょう。
また、乾癬の患者さんは普通の型よりメタボリックシンドロームになりやすい傾向があると考えられてますので、その点でもバランス良い食事を心がけてください。

flower2都営新宿線一之江駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.06更新

乾癬は慢性の病気で、症状が出たり出なかったりを繰り返しますが、治療により発疹が完全に消失したり、治療により長い間症状が出なくなったりする方も稀ではありません。
症状が軽快したら、乾癬を悪化させる要因(ストレス、不規則な生活など)をなるべく避けることが大切です。

flower2都営新宿線瑞江駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.05更新

塗り薬(外用薬)から始まることが多いです。
他、飲み薬(内服薬)や紫外線療法、抗体療法という方法もあります。
症状と合った治療法を選択する必要があるので、治療法は医師と相談しながら決めていくことになります。

flower2都営新宿線馬喰横山駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.29更新

遺伝的な因子を持った方に、不規則な食事やストレス、肥満、感染症、特殊な薬剤などの乾癬の環境因子が加わることで乾癬を発症するといわれています。
日本では乾癬発症の頻度は1000人に一人といわれています。

flower2都営新宿線本八幡駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.28更新

乾癬の原因はまだはっきりとわかっていません。
遺伝的な素因に環境の因子が加わって発症するといわれています。
日本では家族の中に乾癬の方がいると、4~5%の頻度で乾癬を発症するといわれています。
これは欧米の20~40%よりずっと低い数字です。
また他人には決してうつらないことが分かっています。

flower2都営新宿線船堀駅から一本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.26更新

乾癬(尋常性乾癬)は全身のどこにでも出ます。

特に擦れる部位に出やすくなりますので、肘や膝、腰回りに出る人が多いです。また頭に出る方も多いです。

flower2半蔵門線清澄白河駅から徒歩10分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

前へ
菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png