2018.09.07更新

蚊やブユなどに対する予防対策としては、山や公園などの外に行く際に、肌を露出しないようにしましょう。

携帯用蚊取りや、防虫スプレ-などの忌避剤を用いるのもある程度の防御方法として有効です。

虫除け剤には、小児に対する使用上の注意があるので、確認して使用しましょう

顔への使用は禁止されているものや、生後6ヶ月未満の乳児への使用の禁止、年齢によって一日の使用回数が決まっているもの等があります。
また、有毒の毛虫等に触れないように注意しましょう。

flower2皮膚科女性専門医による診療・日帰り皮膚手術。菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.09.04更新

虫刺されの予防は、原因となっている虫の種類によって違います。

室内の蚊やノミ、イエダニなどの駆除には燻煙殺虫剤が有効です。しかし気密性の低い家屋ではあまり効果がでませんので注意しましょう。

イエダニの場合は、その宿主であるネズミの駆除が必要となります。

 flower2土曜・日曜、毎日診療しています。墨田区菊川の菊川内科皮膚科クリニックです

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png