2017.11.11更新

暖房器具やカイロなどで同じ場所を長時間温めないようにしましょう。
特に就寝前は気をつけましょう。また暖房器具などは使用上の注意をよく守って使用しましょう。

flower2半蔵門線清澄白河駅から徒歩10分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.09更新

電気毛布を一晩中使うと低温やけどを起こしてしまう場合があります。
寝る前に電源を入れて温め、就寝前に電源を切るようにしましょう。

flower2都営新宿線本八幡駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.08更新

靴下用カイロを靴を履かずに使用しないようにしましょう。
靴を履かないで靴下用カイロを使うと、予想以上に熱くなってしまい、低温やけどを起こしてしまう場合があります。
他、使用上の注意をよく読んで守って使いましょう。

flower2都営新宿線住吉駅より徒歩15分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.07更新

カイロを貼った上からサポーターなどで圧迫しないようにしましょう。
血流が抑えられてしまい、低温やけどになりやすくなります。
他、使用上の注意をよく読んで守って使いましょう。

flower2都営大江戸線森下駅から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.06更新

低温にならないようにするために、貼るタイプのカイロは肌に直接貼らないようにしましょう。
使用上の注意を守って、衣類の上から貼りましょう。

flower2都営新宿線大島駅より1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.05更新

就寝時に湯たんぽなどでずっと同じ個所を温めてしまい、低温やけどになってしまう場合があります。
湯たんぽは寝る前から布団に入れておき、寝る前には湯たんぽを布団から出しておきましょう。
厚手のタオルや専用カバーに入れても、布団に入れっぱなしにしておくと低温やけどになる可能性があります。

flower2都営新宿線船堀駅より1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.04更新

低温やけどで水ぶくれができても、つぶさないようにしましょう。
水ぶくれをつぶすとそこから細菌が感染する可能性が高くなります。
放置せずになるべく早く皮膚科を受診してください。

flower2半蔵門線清澄白河駅から徒歩10分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.03更新

もし低温やけどをしてしまったら、患部をガーゼなどでくるんで保護し、皮膚科に行きましょう。

低温火傷の場合は冷やしても効果はあまりありません。
見た目や症状以上に皮膚の奥までやけどしている可能性がありますので、放置せずになるべく早く皮膚科を受診してください。

flower2都営大江戸線森下駅から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.02更新

冬は低温やけどが多くなる季節です。
暖房器具に長時間当たり続けることにより低温やけどになることがあります。
冬は湯たんぽやホットカーペット、温風ヒーター、カイロ、電気毛布などが原因で低温やけどになることが多くなります。注意しましょう。

flower2都営新宿線住吉駅から徒歩15分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.01更新

低温やけどは45~55度くらいの、体温より少し高い温度に皮膚が長時間接し続けることで起こります。
皮膚の奥深くまで進行してしまい、通常のやけどより治りにくくなります。

flower2都営新宿線菊川駅より徒歩2分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png