2017.04.21更新

① 頭皮を清潔に保つ 
 清潔に保つと言っても洗いすぎはよくありません。一日一回、優しく洗うことやシャンプーをよく洗い流すことが大切です。また、使用するシャンプーも肌に合うものを探して使うようにしましょう。 
② ビタミンBを摂る
 ビタミンBの不足で頭皮湿疹が悪化することがあります。

 ビタミンB2が豊富な食品:レバー・卵・納豆・うなぎ・のりなど
 ビタミンB6が豊富な食品:レバー・まぐろ・かつお・鶏肉など
 ビタミンB12が豊富な食品:貝類・牡蠣・さんまなど

 

flower2都営新宿線 住吉駅から徒歩15分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.04.20更新

まずは皮膚の炎症を抑えます。
ステロイドの塗り薬を使うことが多く、短期間で炎症が消えます。
次に原因となっているマラセチア菌が増殖しないように抗真菌薬を使って治療を行います。

flower2江東区エリアからもすぐの菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.04.17更新

頭皮が赤くなったりかゆみを伴うぶつぶつがでたり、かさぶたやフケのようなものが出たりもします。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.03.27更新

脂漏性皮膚炎ってどうしてなるの?


カビの一種であるマラセチア菌が、皮脂を餌にして増殖しアレルギー症状を引き起こすことで脂漏性皮膚炎は起こります。
このマラセチア菌ですが、誰でも持っている常在菌(皮膚に付いている菌)なんです。しかし、皮脂な過剰分泌が起こることで菌の活動が活発になり皮膚炎が起こります。

それ以外に原因とされるものはビタミンB1、B2の不足、食事の偏りや寝不足などの生活習慣の乱れ、ストレス等が挙げられます。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png