2018.03.02更新

イボのウイルス(HPV)が小さな傷などからから皮膚に入り込んで、表皮の一番奥にある細胞(基底細胞と呼ばれます)に感染してイボをつくると考えられています。

外陰部のイボは、尖圭コンジローマと呼ばれ、性感染症として扱われます。
ですので、外傷を受けることの多い手足や外陰部にイボができやすくなります。

また、アトピー性皮膚炎の子供たちはかゆみで肌を引っ掻くことが多いので、肘・膝窩にイボができやすくなります。

flower2都営新宿線住吉駅から徒歩15分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png