2018.02.27更新

じんましんとは、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり、しばらくすると跡形なく消えてしまう病気です。

人がイラクサ(じんま)の葉に触れると同じような症状が起こることから、この名前がつきました。

flower2都営新宿線菊川駅より徒歩2分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.02.20更新

原因のはっきりしない慢性蕁麻疹の場合は、自分自身では症状の出現を避けることが出来ません。

そのため数ヶ月~数年にわたり蕁麻疹が出たり消えたりを繰り返すことが多くなります。

多くの場合、薬を飲んでいれば症状はおさまりますが、止めればまた元通りの症状が出るようになってしまうことがあります。

そのため長期にわたり薬を飲み続けることが多くなりますが、そのようにしてうまく症状をコントロールしていくと、ほとんどの場合は少しずつ薬の量を減らすことができ、やがては薬を中止できるようになります。

flower2都営新宿線瑞恵駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.02.05更新

蕁麻疹の治療は、できるだけ原因・悪化因子を探し、それらを取り除く、または避けるようにすることが第一です。

第二は薬による治療です。

蕁麻疹には様々な種類がありますが、そのほとんどの場合はマスト細胞から遊離したヒスタミンが、血管および神経に働くことで症状が現れます。

そこでこのヒスタミンの作用を抑えるために、抗ヒスタミン薬または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が用いられます。

都営新宿線菊川駅から徒歩2分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.02.02更新

悪化の要因をなくすために、なるべくストレスを減らし、睡眠不足にならないようにしましょう。睡眠不足によりホルモンのバランスが崩れ、にきびが悪化しやすくなります。規則的な生活を心がけて下さい。

またスキンケアの方法を見直してみましょう。

flower2都営大江戸線森下駅から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png