2017.10.31更新

はじめは痛みがなかったり、大したことがないように思えても、1~2週間後に皮膚が赤くなったり痛みが出てきたりすることがあります。
低温やけどには十分気をつけましょう。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.30更新

低温やけどは皮膚の奥までやけどになることが多いです。
皮膚の奥の脂肪層というところまでやけどになり、やけどがひどい場合は壊死することがあります。

肌の奥が壊死すると、徐々に表面の皮膚も壊死してきます。

flower2都営新宿線西大島駅より1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.29更新

ヒリヒリしたり、水ぶくれが出来たりします。痛みがないこともあります。
ただ一般的なやけどと違い、低温やけどの場合は症状は大したことがないように見えても、見た目以上に深くまでやけどしている可能性があります。
自分で判断せずに、すぐに皮膚科を受診しましょう。

flower2都営大江戸線森下駅から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.28更新

低温やけどを起こしやすい部位は足のくるぶし、すね、額などです。
触ると骨が感じられるような皮膚が薄い部位で起こしやすくなります。
特に足は他と比べて知覚が鈍く、皮膚のすぐ下に骨があるので低温やけどになりやすいです。

flower2都営新宿線船堀駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.27更新

低温やけどは皮膚の薄い乳幼児や高齢者の方がなりやすいです。
また糖尿病などで手足の循環が悪い方もなりやすいので気をつけましょう。

flower2都営新宿線本八幡駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.26更新

火やお湯、蒸気などの高温のものでやけどになるイメージがあると思いますが、それほど高くない温度でも火傷になることがあります。

これを低温やけどといいます。

低温やけどは通常のやけどと比べて、深いやけどになることが多いです。

flower2都営新宿線住吉駅から徒歩15分の菊川内科皮膚科クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.24更新

冬は夏ほど紫外線量は多くないですが、空気が乾燥している分、乾燥対策も必要になってきます。

日焼け止めは弱めのものでも、保湿成分が入っているものなどもありますので、活用してみるのも良いかと思われます。

flower2都営新宿線一ノ江駅から一本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.23更新

冬は夏ほど紫外線量は多くないので、日常生活では日焼け止めも弱めのもので十分ですが、スノーボードなどのウインタースポーツでは夏と同じくらいの強さの日焼け止めを塗りましょう。

日差しだけではなく、雪などに反射することで。浴びる紫外線量が多くなります。

flower2都営新宿線本八幡駅から1本の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.22更新

日焼け止めは効果が強いものが良いと考えがちですが、強い日焼け止め剤はお肌への負担も多くなります。

肌荒れや肌の乾燥の原因になることもあります。

冬は夏程紫外線量は多くないので、日常生活では日焼け止めも弱めのものを使いましょう。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.10.21更新

乾燥肌は紫外線の影響を受けやすい状態です。

また乾燥肌はかゆみやニキビなどを引き起こしやすい状態になります。

保湿をしっかりしていきましょう。

皮膚科では保湿剤の処方も可能です。

flower2都営大江戸線森下駅から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

前へ
菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png