2018.09.07更新

蚊やブユなどに対する予防対策としては、山や公園などの外に行く際に、肌を露出しないようにしましょう。

携帯用蚊取りや、防虫スプレ-などの忌避剤を用いるのもある程度の防御方法として有効です。

虫除け剤には、小児に対する使用上の注意があるので、確認して使用しましょう

顔への使用は禁止されているものや、生後6ヶ月未満の乳児への使用の禁止、年齢によって一日の使用回数が決まっているもの等があります。
また、有毒の毛虫等に触れないように注意しましょう。

flower2皮膚科女性専門医による診療・日帰り皮膚手術。菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png