2018.08.30更新

 虫さされの治療は、軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でも大丈夫です。

しかし赤みやかゆみが強い場合はステロイド外用薬が必要です。

症状が強い場合は内服薬が必要になります。

ですから、症状が強かったり市販の薬が効かない場合は皮膚科専門医の受診をおすすめします。

ただ、これらの治療はあくまで現在の皮膚症状を抑えるのが目的ですので、原因となる虫からの回避、または駆除対策を実施しなければ再び虫さされの症状がでる可能性があります。

flower2墨田区・江東区の皮膚症状はお任せください。菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png