2018.05.11更新

手術で取り去った標本は、病理検査をします。確実にがん細胞が取り切れているかどうかを確かめることもできます。

基本的に手術治療は3種類あります。

・初発部位の広範切除術(大きめに取り去ること)、

・センチネルリンパ節生検術(所属リンパ節が腫れていない時に行う検査)、

・所属リンパ節かく清術(所属リンパ節が腫れている時、所属リンパ節をすべて取り去ること)の3つから適切なものを行います。

flower2都営大江戸線森下駅A6出口から徒歩8分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png