2018.05.07更新

メラノーマの場合、生検(一部切り取って、細胞の病理検査をして診断を確定すること)をすることもあります。

診断をはっきりさせて治療を始めなければならない場合、生検が不可欠でやむをえない場合は生検を慎重に行うことにならざるをえません。

可能ならば、腫瘍の一部にメスを入れる生検ではなく、腫瘍全体を切除して行う生検が勧められています。

flower2半蔵門線清澄白河駅B2出口から徒歩10分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png