2018.02.05更新

蕁麻疹の治療は、できるだけ原因・悪化因子を探し、それらを取り除く、または避けるようにすることが第一です。

第二は薬による治療です。

蕁麻疹には様々な種類がありますが、そのほとんどの場合はマスト細胞から遊離したヒスタミンが、血管および神経に働くことで症状が現れます。

そこでこのヒスタミンの作用を抑えるために、抗ヒスタミン薬または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が用いられます。

都営新宿線菊川駅から徒歩2分の菊川内科皮膚科クリニックです

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png