2017.03.21更新

インフルエンザの症状を改善するためには、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です。抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

発症後48時間以上経過してからの抗インフルエンザ薬の効果は期待できません。これは抗インフルエンザ薬が、あくまでウイルスを除去する薬ではなく、増殖を抑える薬なので、ウイルスが増えきってしまうと効果が乏しくなります。

インフルエンザは肺炎や脳症などを併発し重症化することがあります。早めに治療することは重要ですが、発症してからの抗インフルエンザ薬の投与よりも、予防接種の方が大事と言われています。

予防接種については次回ご説明します。

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png