2017.01.12更新

治療薬は重症度によって、薬の種類や量を医師が判断し処方します。
降圧剤は血圧を下げる薬ですが高血圧を治す薬ではありません。ですから、薬をやめるとまた血圧が上がってしまう方も少なくありません。高血圧が続く間は、薬は飲みながら生活し、合併症の予防としても降圧剤の服用は大切です。前項でお話しした食事療法を行いながら血圧の変化を長期的にみていく必要があります。
自己判断は避け決められた量を飲むようにしましょう。また生活改善により血圧が落ち着いてきた場合、処方内容の検討も必要になりますので定期的に受診し医師に相談しましょう。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

菊川内科皮膚科クリニック TEL03-5638-1515 お気軽にお問い合わせください
top_inq_sp.png